FC2ブログ
雅の独り言
雅の毎回起こる出来事、ニュースなどを独り言風に、書き込み。
リムジンバス発車15分前
アメリカ珍道中、エピローグ、続き。

「タクシー来てくれはった!!」と母の声。
旅行会社にクレーム電話も途中に、玄関に飛び出すと
おじいちゃんの運転士さん。ひぇーーー。
まあいいや。間に合わなければ、また考えようっと。
と、トランクに荷物入れて、タクシーに乗車。

運「どちらまで???」
雅「伊丹行のリムジンバス乗り場まで。」
運「はいはい。それじゃあ、京都八条口のアパンティーのところやね。」
雅「はい。あの~~~、55分に乗れますかね???それに乗らないと、私どうなるか???わからないんですけど。」
運「ん???大丈夫、10分くらいで着けるから。」
と物腰やさしくお話し。
雅「あのね、聞いてください。実はたまたま航空会社に電話したら、飛行機キャンセルって言われて・・・・・・・・・・・・・・。」←全て怒りをこめながら、運転手さんに聞いて貰う。
すると、やさしい運転手さんは、
運「そうなんか。わかった。何とか10分で着けてあげるからね。小回りするより、大通り走ったほうが早いし。」
と、慌てずに運転もしつつ、なだめるように雅に。
雅「運転手さんに愚痴聞いて貰って、ちょっと落ち着きました~。」

運「ほな、作戦ね。信号少なく行くから、乗り場の向かいに着くし、そこからあんたは小さい荷物持って、走り。その間に私が、大きい荷物持って行ってあげるから、時間稼ぎしといて。」
雅「はい。そしたら、私が大きい荷物持って走ります。」
運「かまへんから、大きかったら走られへんし、小さい荷物持って走り。」
ここは流石に、雅悩みましたわ。 お年寄りに重いもの持ってもらうなんて・・・。
まあいいや、その場で大きいの持って走ればいいんやし。と心の中。

その間も、タクシーは目的地に向かう。
運「お金も先しとこっか。あそこまでやったら、1200円までで行けるし。」
雅「先にお支払しときます。2000円しかないんですけど、運転手さん1500円とってください。500円は切符代で細かいものいるから、500円おつりください。本当なら2000円お支払すべきなんですけど、せこくってごめんなさい。」
運「へ???!!!いいの???1200円でいいよ。」
雅「運転手さんのおかげで、間に合いそうだし、色々愚痴も聞いて貰って、揚句、重たい荷物も。いろいろとお世話になったし、1500円はとってください。」
運「ほなお言葉に甘えて、500円おつり。ほな、そこの信号で止まるから、作戦開始な。」
と、目的地付近2個前信号、赤で止まる。

運転手さんと最終、作戦確認

目的地到着。

運「ほな作戦開始。」
と言って、タクシーのドア開く。
雅「運転手さん、バス出発まで5分あるから、間に合いますから、ここでいいですよーーー。」
運「いいから。早く小さい荷物持って走り。早く行きなさい。私はあんたが走った後に、タクシー止めて追いかけるから

今までやさしい物腰のおじいちゃんだったのに、突然変身。
てきぱき指示してくれはって、気迫に負け、指示通りに動く雅であったーーー。

とりあえず降りて、トランクから大きい荷物出そうと思ったら、小さい荷物がひっかかり、出せない。
もういいや、と小さい荷物出して、運転手さんとお互い確認の意味で、うんと首を振り、雅は横断歩道を渡り、
ダッシュ

ちらっとタクシーを見たら、運転手さんはタクシーを移動。へ???どこに止めはるんやろ???と思いながら、タクシーを背にダッシュ。
あったーーー、伊丹行リムジン。
雅「間に合いますか???」
とリムジンの係りのおじちゃんに聞いたら
リム「55分出発。」
事務的な言い方。ちとむっ。

んにゃ言ってられない。運転手さんとこ戻らないと。
雅「荷物まだ大きいのあるので、タクシーの運転手さんところので取りに戻りますから。この小さい荷物見ててください。」と、バスのチケットを買って、伝えると。
リム「55分出発。」
わかっとるわいーーー。
雅「荷物見ててください。」
と、いい残し、運転手さんのところへ・・・と、10歩程歩くと
大きい荷物ゴロゴロしながら、運転手さんが来てくれはって。
雅見つけて
運「間に合ったか???大丈夫やった???チケット買えたか???」
雅「はい。ありがとうございました。ちゃんと間に合って、チケットも買えました。運転手さんのお蔭です。」
運「そうか。よかったよかった。」と蔓延の笑みを浮かべで、いつものやさしい顔に戻ってはりました。

最後もお見送りしていたら、「遅れたらせっかく間に合った意味なくなるし、もう行きなさい。」って。

運転手さん、ありがとうございました。伊丹に無事行くことが出来ます。
飛行機ドタキャンもむかむか腹立つけど、運転手さんのお蔭で、冷静になれたし。
落ち着いて飛行機の乗り換えも対応出来そう
いい運転手さんに会えたから、気分とてもよいよーーーーーーい。
それよりか、運転手さんに2000円渡したらよかったと、ちと後悔。
300円以上の色々お世話してくれはったのにいぃぃいぃぃ。

と、このときは余裕をかましておりましたーーー。

後ね。
リムジンバスのおっちゃんよ。運転手さんの爪の垢煎じず、そのまま飲めーーー。
むちゃくちゃ事務的発言はいかん。
京都は観光地。外国の人も多く、利用しはるから、もっと親切に
外国の人が「Itame? Kansai?」とこのバスはどっちかと聞いてはるのにぃぃいぃいいいいい。
雅「関空行に乗りたいって言ってはります。」と言うと
ただ指をさすだけ。こらおっちゃん。自分が反対に海外で観光してて、おっちゃんと同じことされて気分いいか???
タクシーの運転手さんみたいに、天使になーーーれ。
スポンサーサイト



PGA Show at Orland
ひぇーーー。出た。雅のアメリカ珍道中。
約5年ぶりのPGA SHOAW、5年ぶりの渡米。
さてさて、いつものことながら、なんでやねん!!と、突っ込みを自分でしてしまったくらい、色々と・・・起きました。はい。

さてさて、始める前に、エピローグから。

渡米当日。
おーーー、今回は珍しく、荷物は少ないは、ちゃっちゃと支度も出来た!!
おっとその前に、飛行機会社に確認せねば。
座席をアップし直したのに???

雅「昨日、座席をグレードアップしたのですが、WEBサイトで確認したら、英語バージョンは確認出来るのに、
日本語バージョンでは確認出来ないんですけど。」
担当「はい。お調べ致します。便名とお客様の番号を、教えてください。」
雅「便名●●●、番号は▲▲▲▲▲▲です。」
担当「しばらくお待ちくださいませ。お調べ致します。確かにお座席ご予約頂いておりますが、アップグレードではございませんよ。アップグレードと言うのは・・・・・・・・(中略)。それよりもお客様、こちらの便、キャンセルになっておりますが、ご存じではなかったでしょうか?」
雅「へーーーーーーーーーーーーーーーーーー。 聞いていません。普通旅行会社から連絡入りますよね?!」
担当「はい。連絡ございませんか???」
雅「ないです。むかつく。後でクレームいれます。で、代わりの便は???私はどうしても、本日飛ばないと、明日からの仕事のスケジュールが、ずらせないので。」
担当「関西空港からの出発でございますね。お調べ致します。」

担当「お客様。今すぐ出発出来ますか???伊丹空港に行けますか???」
雅「リムジンバスの時間調べます。んーーーーーー、
雅「今すぐ出ないと、バスに乗れません。次のバスでは、間に合わないかも
担当「お客様、間に合わない場合と、間に合う場合では乗継も全て変わります。」
雅「今、お話している間に出発させてください。とりあえず、伊丹に向かいます。バスに乗り遅れたら、再度電話します。その間に、乗継の手配をして伊丹で、スケジュール渡してもらうようにしてください。」
担当「わかりました。今のところわかっているのは、伊丹~成田、成田~シアトル、シアトル~ヒューストン、ヒューストン~オーランドになると思われます。関空からの米国行きは少なく、成田からは満杯で、今空いているのはシアトル便だけです。」
雅「シアトルーーーーーー。なんでこんな形でシアトル~。」

一人複雑な気持ち。シアトル行くんだったら、滞在したいわぁぁぁあぁぁぁああああああ。
数時間も滞在出来ないやーーーーーーーん。

と、言っている場合でない。
雅「では、リムジンバスに乗りますので、後はよろしくお願いします。」
担当「かしこまれました。間に合いますように。万が一間に合わなかったら、直ぐにご連絡ください。」

もうここで既に、リムジンバス発車まで25分しかないーーー。
むむむ。間に合うか???歩いて、最寄駅行って、そこからリムジンバスの停留所は、間に合わないじょーーー。
スーツケース、2個あるのよね。荷物少ないわりに。カタログ、サンプル商品を持ってかえらないといけないもんねぇーーー。今は特に、911の後は厳しくなってから、現在はどうだかわからないし。飛行機事情はかわりやすい。

タクシーにとりあえず「早く手配お願いします。」と配車を依頼し、父に自転車で大通りでタクシーを捕まえて来てと頼むと・・・父「もうあかんわ。」

火山大爆発状態の雅。
怒涛の言葉浴びせてやったいわい。

そうだ、クレーム。と、旅行会社に
雅「あの、本日出発で米国行きのチケット手配お願いしたんですが、航空会社にたまたま電話したら、便キャンセルと言われた(突然)」
「来た。タクシー来てくれはったでー。」と母の声。
雅「もう出ますから、またかけなおしします。」と切る。

表に出でタクシーの運転手さんが
あ。高齢者の方で、安全運転そう。きゃーーーーー、間に合うか???
バス出発まで、後15分。

続きはまた。